FC2ブログ

ゆめのおかしら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「万引き家族」を観てきたよ

おととい(2018.6.8)に公開されたばかりの「万引き家族」を観てきました。
カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞!!がどれだけ栄誉あることかあまり実感がないような映画オンチですが、阿部寛が好きで観に行った同監督の「海よりもまだ深く」がとても良かったことをふと思い出しまして。


すっっっごく考えさせられることが多い内容だったな……というのが率直な感想です。とても良かった。


「血がつながっている=本物の家族」って認識がきっと"普通"で(とても嫌な話だけど私も少なからずにそう思ってしまっている筈で)、それを前にしたら擬似家族(偽装家族?)はこんなにも無力であっけなくて……。それがとても胸に突き刺さる内容でした(私には)。
血のつながり的な問題だけではなく、題名の通り軽犯罪が絡むお話でしたから、本当にもう容赦なく"普通"を浴びせられるシーンがありまして。万引きは悪いことだ、年金不正受給は悪いことだ、誘拐は悪いことだ。いざ書いてみたらフツーのことだな、と思ってしまって改めてゾッとした。

犯罪が善い悪いの話じゃなくて、"普通"がこんなにも無神経に人を(絆を)傷つけるって描写が半端じゃなかった。
"普通"は迂闊に口にするもんじゃないって気をつけてきたつもりだけど、それでも後ろめたい気持ちにならずにはいられなかった。
お母さんが第三者から「子供からの呼ばれ方」を問われるシーンが個人的には一番つらかったです……あそこの安藤サクラさんはずっと忘れたくないな…。


もっと貧しくても犯罪なしで暮らしている家族は世の中いっぱいいるかもしれないけど、そういう比べっこが必要な話ではなかったと思います。
すてきな家族でした。そんなに大きな出来事があったわけじゃないけど、それがむしろ身近に感じられました。
ドラマチックに強固というほどの絆ではなかったから、為すすべもないのが切なかったです。


ネタバレはあまりしないようにと思ったけれど、ここまでの暗めの書き方でお察しの部分ももしかしてある?(すみません…)
「家族を超えた絆」って映画の紹介文にあるんですけど、結局のところ本物の家族には負けてしまうんかーーいと思われるかもしれませんが、いやきっとこれは救いのあるお話だったなと感じています。ものすごく受け手次第だと思うところなんで何とも言えませんが……。

私感なのでいちおう反転↓
虐待疑惑があるのに本当の親のところに子ども(佐々木みゆ)が戻ることになってしまっても、「手を上げるのは好きだからなんていうのは親の嘘だ」と教えてくれた安藤サクラママのおかげで、これから先は同じように虐待があっても嘘を見抜けるかもしれないし、血より絆を求めて家を飛び出せるかもしれない(リリーフランキーや安藤サクラとまた家族になるかはさておき、血縁に盲目的にならずに家を出ることができたのなら、それは絆が家族を超えたことになるのかなと)。そういう意味で、擬似家族として過ごした時間の意義は十分に見い出せるのかなと思います。むしろ怖いのは子どものSOSに対して"普通"を振りかざしてしまいそうな周囲かーーあーー私もだなーー怖いーーーー気をつけたいーー……


夫婦の営みのシーンがあったり、松岡さんがJK見学店で働くシーンがあったり、リリーフランキーがお尻を向けて泡を流す(めっちゃシリアス)シーンがあったりするので、抵抗がある人は注意だぞ(笑)

スポンサーサイト

PageTop

C92ありがとうございました!&後日あとがき

どうもこんにちは。しらの茶々です。
ずいぶん長い期間こちらを留守にしてしまい申し訳ありません。
(反省してこれからは定期的な更新を…なんて意気込みがあるわけではないのが心苦しい…)

もう少し気楽に更新できるようにならないんですかね!!
と思って検索してみたらちゃんとスマートフォン用のアプリあるんですね。
使い勝手が良くて気に入ったらもう少し更新頻度が高くなるかもしれません。どうだろう。

*****
さて、改めましてC92お疲れ様でした&ありがとうございました!
あとがきに書き損ねた内容などのまとめです。
(※基本的に蛇足です※)


<1>
晴子・観鈴(幼少)の話ということで、ただでさえ読んでくださる方が限られそうな内容。
しかも無駄に重い。
“無駄に”と思ってしまうのは、コミカルで楽しい描写をもっともっと入れたかったなぁという気持ちがあって。…もっと楽しい妄想もたくさんしよう自分!!ちょっと偏ってきてるんじゃないかと思うよ!野菜もお食べ!
少しずつでも進歩できていればいいなぁと思いながらの4作目。
もちろん愛しい我が子ですので、1コマでも楽しんでいただけるところがあればいいなと思います^^


<2>
しばらく離れていた作品の話になると細かい部分がよく思い出せなかったりするものだと思いますので、余計な気遣いと知りつつもいちおう本当の部分と嘘(妄想)の部分を整理しておこうかなと…。自分でも時間が経つとごっちゃになったりするので…。

●晴子と観鈴がはじめの頃に一緒に夏祭りに行ったことは本当です。わりと当然のように把握はしていましたが、改めて考えると、えっどうして行く気になったんだろうと不思議に思ったりもします。
●晴子が観鈴にひよこ(曰く「恐竜の赤ちゃん」)をせがまれたこと、それを買ってやれなかったことも本当です。AIR編の序盤(アニメだと10話あたり?)、神社にて晴子がそらに語りかけるシーンがあってですね(ぬいぐるみぶん投げ~~のところ)。せがまれるとき、駄々をこねるようにではなく、「ごっつ控えめに、すまなそうに」なのが本当につらいです……。
↓本文コピペするのって著作権的にどうなのか知らないので、プレイメモの写真(それもどうなんだ)。
※AIR編の一部ネタバレ※

●晴子が観鈴におこづかいをあげている、というのも本当です。ナマケモノのぬいぐるみを前におこづかいがあまりないことを嘆いていたりしていたはず(すでにうろ覚え)。あと、わたし完全に記憶から失われていたシーンだったんですけど、AIR編の序盤も序盤で、そらを飼うことを晴子に反対されたとき、観鈴がプチ家出したんですよ!!!まじか!!!(勢いで出てきてしまうだけなんですが)。そしたら晴子が迎えにきて、こづかいから引いとくでとか言いながらジュースを買ってくれて……。忘れていただけあってほぼ初見の心持ち、とても胸が熱くなるシーンでした……。というわけで、神尾家にはおこづかい制度がちゃんとあるんだという話。
(というかこのシーン、晴子さんが8月4日に帰還するシーンの前振りでは……??ジュースをポチっとするところ……。忘れてちゃいけないやつ……)

●飯だけ食わせてほっとこうと思ってたらあのかりんとう事件や、みたいな台詞があったと思うのですが、残念ながらかりんとう事件は今回の本には入れられなかったのだ……。ご飯のことは一応考えてあげたんだな、ってところだけ。



<3>
書き出してみたらけっこうホントの部分があって、「原作1割、妄想9割」(←お品書きに記載)って言いすぎじゃないか??って気もしてきました。原稿中はいろいろと不安だらけになるんです……。

●晴子のセリフをどこまで真に受けていいのかわからない
AIR本編での晴子が、どこまで当時の晴子にもあてはまるのやら。やたら酒を飲んで帰ってくるのは観鈴にできるだけ会いたくないからじゃないかなぁと個人的には考えているのですが、もともとの晴子さんがどこまで酒好きだったのかはわからないよなぁと。どうしても帰りたくない日があって、ふらりと居酒屋に寄ってみたらすごく気が楽になれた、とかかもしれないですし。仕事についても、本編中では今は忙しい時期~みたいなことをどこかで言っていたのですが、それすらホントにそうなの?単にごまかしているだけじゃない?と思ってしまったり。やぁーミステリアスな女性はすてきだなぁー(棒読み)

●観鈴を自分の子にしようと当時思えはしなかった理由もろもろ
今回の本において、みなさんに地雷を踏ませてしまう(解釈違いを引き起こす)としたら恐らくここの部分だよな…と。本文中でちゃんと書ききれたような、不足が多いような気も。とりあえず、私の思うところは改めて書いておこうかなと…(これがさらなる地雷にならないといいな……でも本文でダメならここもダメかな…うぅ…)
【晴子さんの年齢】
ゴール後のエピローグで、「せやから、うちは生きとった」「この二十八年間で一番、生きとった」という晴子さんの台詞がありまして…。これをいつからの年数と取るかは一瞬悩むんですけど、やっぱり晴子さんの現年齢と受け取ってよいのではないかと個人的には思うところです…(観鈴を引き取ってからは10年と別のところで言っているので…)。そうすると、当時の晴子さんは18歳前後。母親の自覚を持てとは…私は強く言えません……。
【敬介との関係】
それでも、もし観鈴を娘として引き取ったなら、(時間はかかっても)母として振舞うべきだったんじゃないかとは思うんです。生活の時間はずれていても、愛してあげることはできたんじゃないかなと。でも、一時的に預けられている状態、という前提がありますから、そこがやはり難しいところだなと…。早く連れ戻しに来て欲しいと晴子が思うとき、面倒だからという気持ちも当然あるでしょうけれども、敬介への同情も少なからずあったのではないかと思います(←これ!!こういうところが妄想!!)。敬介との距離感は、AIR本編時では疎遠を極めている感じがしますが、当時、しばらく会ってはいなかったけれど気持ちはある程度わかる、ぐらいの近さがあったらいいなぁと思います。味方の少なかった敬介にとって、もう頼れる相手が晴子しかいなくて、あそこが思い出の町だったんだきっと…。

【郁子さん】
家族でなくても、他人として晴子が観鈴を愛してあげることだってできたと思うんです。じゃあそれができない不器用さは、いったいどこから来てしまったの??と、、、ここで郁子さんに話をつないでしまったことが、今回一番こわい。どれだけの方と、ここで解釈違いを引き起こしただろうと。晴子が郁子さんのことでどう気持ちを乱したかなんてわかりはしないのに、軽率だったのではないかと。





…正直、ここの郁子さんのことについて蛇足をしたくてここまでだらだらと書いてきました。
本文中の言葉だけで本当に足りていたか不安で仕方なかったのですが、ようやく少し落ち着けそうです…。
あくまでも可能性の話。私は今こう思っています、というだけの話。二次創作ですから。
願わくは、皆さまが踏む地雷が一つでも少なくありますように……!!







長々と書いてしまいましたが、この辺りで。
やーやー、けっこう暗くなってしまいましたね。ごめんなさい。
重めな話をするときでも、適度に楽しい話をはさめるようにになりたーい!!!

(あっ、晴子さんの誕生日、11月3日なんですよ…!今年こそは私も何かしらお祝いしたい…)

PageTop

【C91】スペースいただけました!

どうもこんばんは。しらのです。
だんだんと寒くなってきましたね。気付けばもう11月が始まろうとしています。あっという間でした。

さて、タイトルにも書きましたが、C91スペースをいただけました!!
「3日目東パ-46a」。サークル名は「ゆめのおかしら」です。AIR漫画!
まずは自分で納得のいく内容になるように、その上でみなさまにも楽しんでもらえるように頑張ります!

この土日は本当はネームを完成させたかったのですが、残念ながら途中になってしまいました。
話の着地点について悩む時間が…長い!悩みすぎだよ!!
幸い、昨日の時点での案に比べて、今の案にはだいぶ納得できています。
論攻め・説明台詞の大幅カットに成功(笑)

今年はちゃんとサンプルあげます。12月になると思いますが(汗
ではまた~!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最近読んだ本まとめ その③

・「ファイヤーボール」 原宏一 (炎メラメラのお祭りで、読んで想像するだけで胸が熱くなります)
・「サブマリン」 伊坂幸太郎 (登場人物の名前忘れちゃったけど、キャラがいいんすよ)
・「ヴルスト!ヴルスト!ヴルスト!」 原宏一 (ドイツ行きてえー。腹いっぱい食いてえー)
・「君の名は。Another Side:Earth bound」 加納新太 (「君の名は。」は、奇跡の諸条件がけっこうシビアで私は好きです)
・「東京箱庭鉄道」 原宏一 (これまた珍妙な冒頭でして…。いや何度ミスリードさせられたことか)
・「シャイン!」 原宏一 (あんなにドロドロしていて、なぜ後味がこうも爽快なのかと。感激)

9月中旬~10月おわり

PageTop

最近読んだりしたもの①(4月初旬~5月末)

ご無沙汰してます。しらのです。

秋の鍵点か、冬コミのどちらかでは今年も一本AIR漫画を描きたいと思っているところです。
とは言え、取組み始めるにはまだ時期的に早いよなーなんて言い訳をしつつの日々(汗

最近は移動の電車の中で、以前よりも本を読むようになりました。
いろいろな刺激が楽しいと思える精神年齢にようやく達したのかもしれません(激しく遅い)

ちゅーわけで、更新もろくにされずに淋しいブログに、最近読んだりしたものをメモして間をもたせようということです。


----------------
・「極楽カンパニー」原宏一
・「天下り酒場」原宏一
・「ヤっさん」原宏一
・「握る男」原宏一
・「モナドの領域」筒井康隆
・「七瀬ふたたび」筒井康隆
----------------


原宏一さん、筒井康隆さん。並べてはいますが、まったく、微塵も関連はありません(笑)
現代社会風刺とSFですよ?そりゃあもうお互い別世界のような内容です。
原さんだと「ヤっさん」、筒井さんだと「七瀬ふたたび」が特に面白かったです。

読んでいると、あれもいいなこれもいいな状態で、自分がどういう作風が好きなのかということを、まだまだ掴めていない状態なのだということがよくわかります。もっと色々読み漁っていきたいですね。


とりあえず今回は、三日坊主にはならないで済みましたが、三ケ月経ったらどうなっているかわかりません。
来月にはもう読書に飽きている可能性だってあるのです(悲しきかな


またご報告できることがありましたらいずれ。それでは(^^)

PageTop

2015.12.31(C89)

進捗報告を2回したのち、ブログにはまったく書き込みできませんでした。
読んでくださっている方いらっしゃいましたら、本当に申し訳ありませんでした。

C89用、AIR漫画(観鈴本)。無事完成し、もう日付は本日になってしまったコミケ三日目へと向かいます。

今更ここで宣伝をしても意味なしと思われますが、ちょこちょこ本の感想でも。

本当に、愛おしい本に仕上がりました。それがとにかく嬉しくて、嬉しくて。
観鈴ちんが抱える理不尽な病。どうか、そこから目を背けないように。そのままの彼女の、幸せを願っていたい。
そんな思いをただひたすらに込めました。

結果、かなり厚かましい内容になってしまいましたが!!!

印刷して初めて読み返したとき、恥ずかしさで死ぬかと思ったよ!!!

そんなこんなで、2015年を振り返りますと。
前半はHBD企画にtwitterイラスト投稿という目標から始まり、
それがいつしか、秋頃から同人漫画を製作するぞという、なんとも駆け出しっ子にはハードな年となりました。

来年どれだけ活動をするかはわかりません。
でも、いつかきっと、またしっかりと向き合いたいものです。


ではC89、そわそわしながら、ちょっと下を向きつつ、ブースにてお待ちしております。

本年の幸せな日々を噛み締めながら。しらの。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。